RYOBI HOUSING

ryobi

パッシブデザインとは?パッシブデザインとは?

パッシブデザインとは、
なるべくエアコンなどの設備に
頼らず、
太陽の力や風などの
「自然エネルギー」を使い
快適な家づくりをする
設計思想です。

夏には夏の、冬には冬のパッシブデザイン、
季節が変われば取り入れる自然エネルギーも変化します。

夏のパッシブデザインのイメージ夏のパッシブデザインのイメージ

夏のパッシブデザインは
「風」と「遮蔽」

  • 地域によって異なる風向を考慮して、風を上手に取り入れる設計を行います。また、お客さまの要望や敷地状況に合わせて、吹抜やトップライト等を活用した断面的な通風も提案します。

  • 太陽が夏の高い位置にあるときには、室内へ日射しないように、庇の長さを設計。庇での日射コントロールが難しい窓は、ブラインド等の付属部材によって、室内に入る熱量を抑える工夫をします。

冬のパッシブデザインのイメージ冬のパッシブデザインのイメージ

冬のパッシブデザインは
「日射」と「断熱」

家の向きで変化する日射の取得率

家の向きは、快適な家づくりの重要なポイントです。
寒い冬に日光が当たらない家となると快適な家にはなりません。
パッシブデザインにおける「風」「遮蔽」「日射」も、家の向きによって効果が変わってくるのです。

ページトップへ
トップページへ